HOME > 体内の水分の役割

体内の水分の役割

水を飲むと、その水は食道と内蔵を通って、まず腸で吸収されます。そこから血液に混ざって、毛細血管を通じて脳まで運ばれます。

体内に入った水の働きとしては、まず「血液としてさまざまな栄養素を体内の隅々まで搬送する」重要な役割があります。また、栄養が細胞に供給されたあとに生まれる「老廃物を排出する」役割も担います。老廃物を含んだ血液が腎臓を通過することでろ過され、残った老廃物と水分が尿として排出されるのです。

水分が不足すると、血液がドロドロと粘りをもち、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす原因となります。血行不良も起こりやすく、スムースに栄養が運ばれなくなるので、全身の代謝力も落ちます。身体によいサラサラ血液にするためには、十分な水分が必要なのです。

他にも、体内の温度が上がりすぎないよう、汗などで「体温を調節する」機能もあります。

▲ページトップに戻る