HOME > 「朝一杯の水」の効果って?

「朝一杯の水」の効果って?

昔からよく言われる健康法に、「朝起きたらまず一杯の水を飲む」というのがあります。人は寝ている間に寝汗や息でかなりの水分が失われています。夜や寝起きにトイレに行く人も多く、朝は知らない間に一番水分が不足しがちになっているのです。

実は、脳梗塞は起きぬけの3時間以内に発症している例が多いとも言われていますが、それも水分不足と無関係ではありません。ドロドロになりがちな血液をサラサラにするために、目覚めてすぐに美味しい水を一杯飲むことは、とても重要な意味がある行為なのです。

朝の一杯は、血液をサラサラにして血行を促進し、代謝力も高めるので、動脈硬化・心筋梗塞・高血圧などの血流のトラブルだけでなく、インフルエンザの予防、喘息・肺炎・気管支炎など呼吸器全般にも効果があるとされています。また、水分不足が原因で起こる便秘にも有効です。良いことづくめなので、ぜひ習慣化したいですね。

▲ページトップに戻る